TRX爆上げ 一体どこまで伸びる!?フィボナッチで見るTRXの利確ターゲットと長期的な未来

こんばんは、Takuyaです。

先週はTRXがものすごい暴騰を見せましたね。

TRXガチホ勢としてうれしい限りです。

一体、TRXはどこまで伸びるのか、今日は伝統的なフィボナッチエクスパンションを使って、目先のターゲットから長期のターゲットの目標地点を割り出していこうと思います。

 

TRX短期のターゲット

 

まずは目先のスイングを起点として、フィボエクスパンションを当ててみます。

1.272の拡張を超えてきて、1.618を試そうとしている段階です。

まずは、161.8%の1010サトシを超えるかどうかが重要となってきます。

ここまでの急騰の場合、調整局面も深くなりがちですが、エクステンションの61.8%付近で引けるレジスタンスライン付近で止まり、
そこからのロールリバーサルが今描ける理想のシナリオとなります。

もし、161.8%のターゲットをもあっさりと超えてきた場合は、見にくいかもしれませんが、画像の上の方にあるフィボエクステンションの261%である1365サトシがターゲットとなります。

 

TRX長期のターゲット

 

長期目線でのTRXのターゲットは長い目線が重要となってきます。

TRXが上場してからの一連の暴騰と暴落に対してフィボエクステンションを当てています。

まずは127.2%の2897サトシ、そして、黄金比率である161.8%の3595サトシが長期目線でのターゲットとなります。

数年はかかりそうなプランですが、TRXガチホ勢の僕としては、ジャスティンサン氏を信じてこの長期ターゲットまではのんびり保有していこうかと思います。

メインネットのローンチがうまくいけば、今年中に達成する可能性はなくもないターゲットではありますが、TRXは長期目線でのんびりとみていこうかと思います。

 

まとめ

目先のターゲットはかなり近いので、次の調整を待たずにこの急騰のてっぺん付近のおいしいところで利確したい人は、1010サトシ付近でのプライスアクションを見て利益を確定することをおススメします。

長い目線でのんびりとみている方は3595サトシまで保有するのがいいと思われます。

私は最初はまだチャートがろくに描けていないTRXに投資するのはテクニカル分析で飯を食っている人間として抵抗があったのですが、
ジャスティンサン氏の有能な働きぶりと信念に共感できるものがあったので、TRXに投資をしました。

TRXに投資をしたのではなく、ジャスティンサン氏に投資をした感覚でいます。

なので、今後も長い目線でゆっくりと見ていこうと思います。

 

この記事で何かわからないことはありませんか?

質問や感想など、なんでも受け付けています。1人でトレードで成功するのはいばらの道です。悩みや疑問に思っていることなど、なんでも聞いてみてください。私とあなたは「仲間」なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Takuya
都内在住の27歳専業トレーダーのTakuyaです。 トレードスタイルはデイ~スイングで、月平均600PIPSほどの平凡なトレーダーです。 私の経験から得た、「トレードで成功するために本当に必要な知恵」を誰よりもわかりやすく出し惜しみなく語っていきます。