FXで成功するために必読のおススメ書籍 厳選3冊!これだけ読んでおけば大丈夫!

私が本当に役に立ったと胸を張って言える、トレード書籍3冊を公開します。

 

今や星の数ほどトレード系の書籍はありますが、ほとんどは紙の価値すらない本ばかりです。

巷では厳選50冊!とか、とてもそんなに読めないよ・・・っていう方に、これだけは読むべきという厳選した3冊をご紹介したいと思います。

この3冊を徹底的に学習すれば、他の本は基本的に必要ありません。

何冊も本を読むより、数冊に絞ってその本を何回も読み返すほうが圧倒的に学習効率は上がります。

今回ご紹介する3冊の書籍を是非手に取って、徹底的に勉強してみてください。

 

1.先物市場のテクニカル分析(ジョンJ・マーフィー 著)

 

テクニカル分析に必要な知識は、全てこの本に網羅されています。

何回も読み返してこの本に書かれていることをしっかりと理解できれば、テクニカル分析の基礎はマスターできます。

応用は二の次です。

まずは、この本を読んでテクニカル分析の基礎を徹底的に身に着けてください。

 

 

※Amazonレビューより一部抜粋

 

Amazonでの評価も非常に高いです。

是非一度手に取って見てください。

Amazonの販売ページはこちらをクリック

 

2.デイトレード(オリバー・べレス,グレッグ・カプラ 著)

 

 

こちらの書籍は、トレードの技術面ではなく、心理面について書かれた書籍です。

トレードで継続して勝つ続けるために必要なメンタル武装はこの本を読むことで身に付きます。

私のバイブルでもあり、この本に出会ってなければ今の私は存在しないと言ってもいいくらいの良書です。

特に、「トレーダーの7つの大罪」の項目は、全てのトレーダーが理解しておくべき項目です。


※Amazonレビューより一部抜粋

Amazonでのレビューは2018年3月現在で173件もあり、平均4.3の星と非常に高い評価を受けています。

 

是非、手に取って最高のトレードメンタルを武装してください。

Amazonの販売ページはこちらをクリック

 

3.高勝率トレード学のススメ(マーセル・リンク 著)

 

 

こちらの書籍は、上で紹介した先物市場のテクニカル分析を踏まえて、仕掛けと手仕舞いまでをフォローした書籍となっています。

どういったところでエントリーして、どういったところでエグジットするのか?また、どういったところはトレードを見送るかなど、細かいところまで書かれています。

先物市場のテクニカル分析をしっかりと理解して読むことで、より一層この本に対しての理解も深まります。

また、トレードの技術面だけではなく、規律や資金管理についても網羅されています。

特に、最後の方で書かれているオーバートレーディングの対策は私自身とても参考になりました。

ポジポジ病で悩んでいる方は一読の価値ありです。

 

※Amazonレビューより一部抜粋

非常に高い評価を得ていることは言うまでもありません。

2018年3月現在で32件のレビューがあり、平均4つ★と高い評価を受けています。

 

名の通り高勝率トレードを実践したい方は是非一度手に取ってみてください。

Amazon販売ページはこちらをクリック

 

まとめ

今回紹介した3冊は、私のこれまでのトレード人生で参考になったと胸を張って言える3冊です。

この3冊を徹底的に読み込んでしっかりとした「軸」を作ったうえで、初めて「応用」というものがあります。

基礎ができていない人が、応用的なテクニカル分析の書籍や情報商材を手に取ってもなんの価値もありません。

まずは、地に足をつけて、徹底的に基礎から学ぶことをおススメします。

それが一番の近道です。

では、今回はこの辺で!

 

 

この記事で何かわからないことはありませんか?

質問や感想など、なんでも受け付けています。1人でトレードで成功するのはいばらの道です。悩みや疑問に思っていることなど、なんでも聞いてみてください。私とあなたは「仲間」なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Takuya
都内在住の27歳専業トレーダーのTakuyaです。 トレードスタイルはデイ~スイングで、月平均600PIPSほどの平凡なトレーダーです。 私の経験から得た、「トレードで成功するために本当に必要な知恵」を誰よりもわかりやすく出し惜しみなく語っていきます。