RSIやストキャスティクスやMACDという単語すら知らなくてもFXで勝ち続けることはできます。しかし・・・

 

あなたのトレードは、本当に迷いなく「決断」出来ていますか?

RSIやストキャスティクスやMACDといった、いわゆるオシレーター系のテクニカル指標は、良くも悪くも人を惑わせます。

オシレーター系指標の利点としては、レンジ相場においては天井と天底を簡単に検知出来るといった利点があります。

そして、最大の弱点は2つあり、シグナルが多すぎて何が本当なのかわからなくなってしまうことと、
トレンド相場ではほとんどのオシレーターが機能しなくなることです。

オシレーターが出すシグナル通りにトレードしていると、将来的にはほぼ確実にその人は破産します。

オシレーターを「正しく使う」ための基礎がない人が非常に多いのです。

「正しく使う」とは一体何か?

それは、現在の相場状況を読み解く力のことです。

 

あなたはトレンド相場かレンジ相場なのかを自信をもって判断することができますか?

オシレーターに依存している人は、
現在の相場状況がトレンド相場なのかレンジ相場なのかをしっかりと理解せずに使っている人が非常に多いです。

レンジ相場なのか、トレンド相場なのかを正しく見極めることができないと、
オシレーターなど何の意味もありません。

上昇トレンド相場なのにオシレーターのシグナルに従って売りでエントリーしたりするのは言語道断です。

現在の相場状況をしっかりと見極めた上で、適切にオシレーターを使ってくのが正しい使い方なのです。

例えば、レンジ相場では売りと買い両方のシグナルを採用して、
上昇トレンド相場では「買い」のみのシグナルを採用し、売りのシグナルは全部無視して、
下降トレンド相場であれば、「売り」のみのシグナルを採用して、買いのシグナルは全部無視する。

このような使い方が、正しいオシレーターの使い方です。

 

RSI、ストキャスティクス、MACD、RCI、CCI…
たくさんあるオシレーターの中で何を使ったらいいの?

結論から言うと、「なんでもいい」です。

自分の好きなのを使えばいいです。

有名どころのオシレーターが出す反転シグナルの速度を検証してみました。

こちらの画像をご覧ください。

 

ほどんどどれも大差なく、同じタイミングでシグナルを出しています。

何を使っても一緒なのです。

オシレーターなんか使わなくても、もっと早くもっと信憑性のあるシグナルを出してくれるツールがあるのですが…

オシレーターなんて使わなくても、相場の反転の兆しをいち早く察知してくれるテクニカル指標をご存知ですか?

それは、あなたももちろん使っていると思いますし、世界で最もポピュラーなテクニカル指標の1つです。

その答えは...

ローソク足です。

ローソク足よりも速く、ローソク足よりも信憑性のあるテクニカル指標はありません。

ローソク足を丁寧に分析することで、相場の大まかな流れから、短期的なスイングまで、全てを分析することができます。

RSIやストキャスティクスという単語すら知らなくてもトレードで勝ち続けることはできます。
しかし、代表的なチャートパターンやプライスアクションを理解していないと、勝ち続けることは不可能です。

 

ローソク足とラインのみで、毎月数千万単位の金額をマーケットから継続的に稼ぎだしているトレーダーを私は何人も知っています。

しかし、オシレーターのみで毎月継続して利益を上げているトレーダーを私は1人も知りません。

この現実が、マーケットで安定して勝ち続けるために必要な知識というものを教えてくれています。

マーケットで勝ち続けるための最も近い道は、ローソク足のプライスアクションを学ぶことなのです。

 

当ブログでは、ローソク足のプライスアクションの基礎から、プライスアクションを使ったトレード手法まで、数々の至高のトレードノウハウをご提供していきます。

もし、プライスアクショントレードに興味を持ったなら、このブログをブックマーク登録しておいてください。

そして、なにかわからないことがあれば、遠慮することなく私に問い合わせてください。

Forex JPを見てくれた全てのトレーダーに、「価格を読み解く力」をしっかりと身に着けてもらうことを目指しています。

お問い合わせ

あなたが本気でプライスアクションを習得したいのであれば、私も本気でお教えしますので、是非お問い合わせください。

では、今回はこの辺で!